これまで&いつもの日々の     Photo Note


by ricakori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:TVと映画( 8 )

春に観た映画

このときに、今年はもっと沢山映画を見る、、、と言いつつ、それっきりになってりましたが、
その後、見た映画をまとめました。
↓沢山のイメージ
e0177824_19261733.jpg



☆で評価もつけさせていただきます。
あくまで主観でございます。

ヒア アフター ☆☆☆
e0177824_18392363.jpg


亡くなった人と話ができる霊能者としての才能にふたをしたアメリカ人(マット・デイモン)
双子の兄を事故で亡くした幼いイギリス人少年。
臨死体験をしたフランス人ジャーナリストの女性
この3人が、ロンドンで導かれたように出会う、、という話です。
e0177824_19363691.jpg


そのフランス人の臨死体験は、スマトラの大地震の大津波に巻き込まれた時に経験するのです。
津波から逃げ、沈んでいったり、車がぶつかったり、、、
その津波のシーンが、非常にリアルで

ああ~巨大津波が来て飲み込まれるとこうなるんだ
津波後の町(プーケットだったような、、)の風景もすごいことになっていて
、、、巨大津波が来たらこうなるんだ、、、。恐ろしい、、、と思いました。

そして、、、その2日後が大震災の日だったのです。

映画のシーンで観たものが現実に日本で起きてしまった、、、、
これは、映画ではなくて、東北で起きてること、、、まさか、そんな、、。、
ということで、映画の内容、感想うんぬんより、その衝撃が残ってしまいました。

その後、この映画は、津波のシーンがあるので、日本では上映中止になったそうですね。
そのニュースついでに言うと、映画の本編前に、唐山大震災と言う中国の巨大地震の映画の予告がありました。
それも、かなりすごい惨状で、、、
これを見たまさか2日後に日本で大地震が起きるとは、、、でした。

この二人は、超~かわいかった。
e0177824_18401324.jpg


だけど、ベンツにはねられて、、、、、、、。


英国王のスピーチ ☆☆☆☆☆
e0177824_18322183.jpg


沢山の方がご覧になったと思いますが、と~っても良かった。

こちらは、地震の後、、10日後くらいに見たのです。
そのタイミングもあり、最後の英国王のスピーチが、大震災直後の日本にも、響く内容でした。

大きな破綻が歴史を満たそうとしています
私たちの目的は国民1人1人の目的なのです。
この試練の時に1つに団結するのです。

じーん。(;_;)

他の客席から、すすり泣きが、沢山聞こえました。みな同じことを感じたのだと思います
震災の数日後の天皇陛下のお言葉も思い出しました。

幼いエリザベス女王が、しっかり者の少女な描き方なところも好きでした。
e0177824_1833116.jpg




毎日かあさん ☆☆☆+0.5
e0177824_18361184.jpg


笑いあり、、涙あり
お寿司買ってきたと見せたら、犬なのは(知ってても)超~笑った。

実はわたくし、10代のころから永瀬正敏のファンなのです。

小泉今日子との息はほんとぴったりでした。。
何気に正司照枝のおばあちゃんや、
西原理恵子の編集者の大森さん、夫婦の友達の古田新田も脇役も良かった。

余談として、、、
この映画は、伊勢丹の横にある小さい映画館で見ました。
キレイだったけど、小さいから(狭いから)なんだか視聴覚室みたいだな~と思ってたところ
上映開始直前に、映画館の人が現れて、、、
「これから、毎日かあさんの上映を始めます」
とアナウンスし始め、、?!
これじゃ、ほんとに視聴覚室だよ~と、びっくらこいてたら、

まだまだ余震が続くころだったので、大きい余震が来た場合は上映を途中でも中止いたします。
というお知らせ&注意したかったようです。
いや、、でも、一瞬、学芸会が始まるのか?と笑えた。

ザ・ライト ☆☆☆☆
怖いだろう~というのはわかってましたが、
激こわ。
ここ数年、これほど怖かったものがあっただろうか、、、

観ながら、怖くて、怖くて、さすがに映画の選択間違えたーとも思いました。
実話に基づいてると思うとますます怖い。
最高峰に怖かったところで、3人ほど出てゆくのがわかりました。
やはり、みなさん怖かったのね。
しかし、私の横の人は(知らない人)、グーグー寝ておりました

でも、映画は、非常におもしろかったー。
アンソニー・ホプキンスが演じるエクソシストの話です。
e0177824_18423673.jpg

エクスシストといえども、首が回ったり、緑色のゲ〇が出たりはしません
(と、映画の中でも言ってます^^)

アメリカ人の神学校の生徒が、先生(司祭か?)に勧められて(というか強制的に)
ヴァチカンにエクソシストについての勉強に行くのです。
e0177824_18431342.jpg


エクソシストの勉強にイタリアへ留学、、、、、て、こう書いてるとおかしいな。

で、そのエクソシストについての講義、ヴァチカンであり
実際に悪魔に取り付かれた人の映像などを見て、勉強するのです。
悪魔に取り付かれるとは、非現実の世界のことのようなのに、
最新鋭の設備での講義なのが、ちょっと、おかしかった。
そこら辺の企業より、最先端の設備です。
そして、、、、、。
悪魔に取り付かれた、しかも妊娠してる16歳の少女に出会い、、、、ドキドキ。。。

さすが、サー・アンソニー・ホプキンスの演技が上手すぎて、緊張感がありあり。
完成度は、ものすごく高いです!!!怖いけどね。。

アンソニー・ホプキンスも、好きな俳優です。

わたしを離さないで ☆☆☆☆
イギリスの美しい田舎にある寄宿学校
美しいけど、何か秘密のある学校。
何故、少年少女はそこにいるんでしょう、、、
それは、こんな運命が決まっているから、、。
そんな境遇(?)で生まれてきたら、、、、。と思ひました(涙)

e0177824_18434762.jpg


男の子はソーシャルネットワークのCFOの彼です
ソーシャルネットワークでは、友に裏切られて、PCを投げ、
またまた、彼が嘆いてるシーンがあり、悲しかったわ。

物悲しくて、せつない気持ちが大変残る映画だけど、、観るのはオススメの映画です。
イギリスの田舎風景が美しくて、心に染みます。。。

ブラック・スワン ☆☆☆+(0.5) 
ナタリー・ポートマン大熱演!
それには、かなり拍手です。
出てないシーンないんじゃないかしら?
黒鳥のときは、ステキでした。。。

が、、、
主人公そのものは、あまり好きな女性のタイプではありません(爆)
e0177824_18492857.jpg



ひがもだし、、、冗談通じないし、、、弱っちいし、、、、。
部屋の趣味悪いし、、、着メロも、、、
うらやましいのは、NYに住んでることかしらん?(それかい)

会社などにいたら、あまり仲良くはなれない~
同じ部署になったら、かなり面倒くさいタイプです(失礼)

映画の中でも「ちょっと、また、こっち見てるわよー」
なんてバレエ団の中で、言われちゃったりして、、

もしも、自分だったら、彼女のバレエには魅力は感じなそうだから、チケットは買わないかな。
どっちかといったら、、ウィノナライダーの女の執念や、
代役の色っぽい彼女の方が女性として魅力を感じます。見るならば、彼女達の舞台です。
、、、、と私のように(イジワルに)思っちゃう観客がいるだろうから、
ああなって、こうなって、
あああ、、、、、という展開です。

ということで、評価は3にするか3・5にするか迷ったけど
一応おもしろかったし、見がいはあるので、3.5です。

あと個人的な感想として、同じ監督だったら、レスラー(主演ミッキー・ローク)の方が映画として私は好みかな。

そっれっと、、、

善き人のためのソナタというドイツの映画をBSで観たのですが、

これがまた、すばらしく良い作品だったのです!
e0177824_1941342.jpg


冷戦中の東ドイツの話
東ドイツって、こういう生活していたんだ、、、と、とてもよくわかります。

国家保安省(シュタージ)から監視される生活。
反体制人物とシュタージに連行される人、目をつけられる人、追い詰められる人、、
これまたシュタージが、頭脳プレイがさえています。
同じ不気味でも、某K国とは、違います。さすがドイツ

ベルリンも灯りが少なくて暗くて(震災直後の東京のようでした。。。)
その代わり、西ドイツは、キラキラしてました。

そんな監視体制国家ですが、監視するシュタージのエージェントも、ソナタの美しい音色を聞いたら、、、。

シュタージに逮捕された人のシーンから始まり(ちょっと苦しい)最後の最後まで展開があり感動の結末です。
これは超~オススメです

アカデミー賞で外国語映画賞を受賞しています。

ああ映画って、すばらしい。
e0177824_1953998.jpg


[PR]
by ricakori | 2011-05-31 19:14 | TVと映画
昨年は、あまり映画を観なかったので
数えたら7つ。(DVDは含みません)

今年は、もうちょい観ようと思います(目標)
e0177824_2214165.jpg


まず第一弾は、
ソーシャル・ネットワーク を観ました
面白かったー!!!
もう一度観たいです!目黒シネマでやらないかな~。

みんなが望んでいるものは
ハーバードのジェントルメンと仲良くなることじゃなくって
気になるあの子のステータスが、分かること♪
e0177824_22121583.jpg



ヨレヨレっとGAPを着ていた彼が
(日本だったらユニクロ着てる東大生)
ここから始まり、今じゃ26歳のCEO。
世界一若いミリオネアです。

・英語がものすごい早口。
・音楽も〇です。

アカデミー賞にもノミネートされたそうで~。
[PR]
by ricakori | 2011-01-27 22:16 | TVと映画

SATC 2を~

SEX AND THE CITY2を観にゆきました~(遅いけどね)

金曜日までは、色んな映画館で上映してたけど、17(土)からは、レイトショーとか、1日1回とか
17日からは、借りぐらしの何とか、、とか始まったからですねえ。
ということで、品川プリンスシネマへ

3連休初日ということもあり、大賑わいの映画館。
ていうか、品川はすごい人ー。皆どこへ行くんでしょ?

さてさて映画は、もちろんおもしろくてemoticon-0140-rofl.gif
個人的に思った点を書きます。

hpがグローバルスポンサーいうことで、(CMもやってたね)
映画に出てくるPCは、もちろんhp。
サマンサのオフィスもhp
↓↓↓サマンサお仕事中(いちおう)
e0177824_23365116.jpg

ということで、いつもみたく、Macに向かうキャリーのシーンはありませんでした。
キャリーのPCはロゴも見えず、曖昧。やっぱキャリーはMacでないと。


何かと移動はベンツ。
ひとり1台のマイバッハも大うけ。
でも、アブダビのタクシーは、トヨタでした。
まあ、そこでベンツのタクシーってのもなんだから良いんだけど
ぼろぼろのトヨタのタクシーで、トヨタに失礼じゃん と思う日本人の私。

いろんなファッションが出てきましたが
私が一番好きだったのは、オープニングの4人が出会った頃の
キャリーとサマンサの80年代ファッション
かなりイカしてましたemoticon-0157-sun.gif
あの格好もう一度見たいでっすemoticon-0152-heart.gif

↓映画の券。 ィの字分のスペースは無かったみたい。
e0177824_2339215.jpg

[PR]
by ricakori | 2010-07-17 23:33 | TVと映画

沈まぬ太陽

沈まぬ太陽、を観ました。
e0177824_0434557.jpg


原作を読んでいたので、あーこうだった。そうだった。。。思いながら観ました。

尾巣鷹山の事故から始まるので、空港のシーンですでに涙。
お父さんの遺書は、原作を読んだとき同様、涙があふれました。

個人的には、原作で、恩地の子供達が立派に成長してるのに
行天の息子がしょうがない奴になっているという、設定がわりと好きでした。
なので行天の息子は、キャストには無いんだー と思ったけど
まあ、3時間の映画ではすべては無理か。

白い巨塔を思い出すところもありの豪華キャスト
それだけでも見がいがありました。
石坂浩二に品川徹(大河内教授)は、ちょっとウケたり。
笑うシーンじゃないけど。
そして、最後に上川隆也。
この人は、やはり正義役?

インターミッションありの3時間20分は、、、長いけど、あっという間です。
ただ隣の方が(知らない人)風邪をひいていたので
マスクを忘れた私は3時間隣に座ったらすっかりうつりました。
映画を観たのは、先週の土曜日で、今週は、すっかり風邪っぴき。
e0177824_0273996.jpg

動物園は、大阪で撮影だったそうですね。
そんなこと、全然良いのだ。
[PR]
by ricakori | 2009-12-04 00:20 | TVと映画
点字図書館主催のチャリティ映画会に行ってきました。
半年に1度開催されるもので、かれこれ、10年くらい行っています。
会場は、中野ゼロホール

今回は、モーターサイクル・ダイアリーズ 
伝説の革命家チェ・ゲバラ が23歳の医学生のとき親友と南米大陸をバイクで横断する旅に出た話です。
e0177824_1363455.jpg

チェ・ゲバラ のことは、革命家ということしか知らなかったのですが
喘息もちの医師、専門はハンセン病だったそう。
チェも名前じゃあなかった。
アルゼンチンのスペイン語で、やあ という意味だった。

彼らの旅は、ブエノスアイレスを出発し、チリ、ペルーを経てベネズエラへまで、
1万キロの旅です。
パタゴニア、アンデス山脈や、クスコ、リマ、マチュピチュにも行きます。
途中、最下層の労働者に出会ったり、ハンセン病のコロニーで患者とふれあい、
南米社会の現実を目のあたりにします。
この旅が、彼の未来を変えたとか。

映画は、南米の風景と現実を見ながら、淡々と(というわけでもないか)
すすむ良い話でした。
その後の革命家としてのチェ・ゲバラは、よく知らないのですが
映画内の彼は、とても純粋ないい人。
チェ・ゲバラにも興味がわいてきました。
 
前述しましたが、この映画会は、チャリティ企画なので、いつも良い作品を上映しています。
以前は、渋谷公会堂(現CCレモンホール)が会場だったのですが
渋谷公会堂の工事中の数年前から中野に移りました。
e0177824_137744.jpg

中野になってから、しばらく、お客さんが減ったような気がしたのですが
最近は、また増えてきました。
が、今回は、インフルの影響か空席が目立ちちょっと残念。

昨今の経済事情もあり、図書館は財政困難のようです。
映画上映前にそういった話を館長さんの挨拶でされてたようですが、
わたくし、会社帰りの駆け込み&スピーチ中の到着で(学校だったら大目玉)
あまりよく聞けなかった。
ごっ ごめんなさーいです。

映画を観るのは、好きなので、好きなことがチャリティ企画になる ということで今後も行こうと思ってます。
お値段は、¥1800 なので、普通に映画を観るのと同じです。
ちなみに映画は、ハリウッド映画、邦画のみならず、他の外国語映画もありです。

とりあえず今まで観た映画、今、思い出せたものとして、、、。

ローマの休日 (デジタルニューマスター版)
千と千尋の神隠し
ユー・ガット・メール
母べえ
ライフ・イズ・ビューティフル
運動靴と赤い金魚
世界中がアイ・ラヴ・ユー
ミルコのひかり
ALWAYS 三丁目の夕日

などなど、でした。
[PR]
by ricakori | 2009-09-18 23:59 | TVと映画

HACHI

8は、fortune number(縁起が良い数字)なんだよ

とリチャードギア演じるパーカーが、日本人の友人ケンに説明されてる映画
HACHI 約束の犬 を観ました。
ハチは八と書かれた首輪をしていたのです
e0177824_22254456.jpg

ハチ公の映画は、やはり渋谷で~ と銀座にいたくせに、
わざわざ渋谷に移動して観ました(笑)

映画でケンが、パーカーに

秋田犬は人間に喜んでもらおうと思って行動はしない。
駅で君を待つのは君が好きだから待っている。
日本人は物に釣られない。

という良いシーンが

えっ 付録やドラえもんに釣られる私は、、日本人のDNA無し?

なーんて余計なことを思いながら観てましたが、ほろりと涙しました。(>д<。) 
(ほろり、、、なんてもんじゃなかった。)

ハチといえば、、、
赤坂に中国茶房8 (チャイニーズカフェ エイト) という、とても安いお店があります。
e0177824_22154717.jpg

ランチは、¥550 
この前、夜行ったら、同行者がお酒を飲まなかったこともあり、
いっぱい食べたのに、本格的に安かった。
今日は、私が払うよ~ と言おうかと思った(笑)
調べたら、恵比寿にもあるので(六本木もあり)、恵比寿在住の友達に話したら
あー Eight のことね~ と言われた。
それを言われるまで、そのお店が エイトという名の店ということを知らなかった
安い中華屋 と自分の中でネーミングしていたのでした。。。

ハチ公は、バスになって区民のために走ってます。
e0177824_221499.jpg

春の小川ルートとか、夕やけ小やけルートとかネーミングも好き。
[PR]
by ricakori | 2009-09-12 22:07 | TVと映画

レスラー

パルコの裏にある映画館で、まだ上映していたレスラーを見に行きました。
(やっとです)
評判どおり、とてもいい映画でした。
e0177824_1914587.jpg


アカデミー賞の授賞式で、このすごい人、だっ誰?
と思ったら、ミッキー・ローク。
えっ、こんな風になっちゃったの?とあの時は、びっくりした。
ミッキーを兄貴と慕うショーン・ペンが、復活を祝うスピーチをしたのは、感動しました。

ストーリーは、ほんとにミッキーの人生そのもの。
ランディ(ミッキー)を見ているのに、ミッキー・ロークの人生を見てる気持ちなる。

スーパーのシーン。
娘との再会。
ボロボロのダウンジャケット。
彼女(、、、ではないんだけど)とのやりとり。

いろんな設定に胸を打ちました。

そういえば、ミッキ・ーロークは、あの映画があった。
これもあったなーと思い出す。
ボクシングの時は、猫パンチ、、、なんて言われしまってたっけ。
そんなころの昔の方がきれいな顔してたけど、でも、今の雰囲気のほうが断然いい。
人間って、いろんなことがあって、そのことが顔に、全体に、自分自身になってゆくのですよね。
っと分かっていたけど、映画とミッキーで、実感します。

映画館は、やはり男性の方が多かった。
感動して泣いてる方もいらっしゃいました。

年をとったとき、またこの映画を観て感動し、今の自分のことも振り返りたいな、、、と思いました。

それにしても、ホチキス攻撃は痛かった。。。
[PR]
by ricakori | 2009-08-16 19:21 | TVと映画

デスパレートな妻たち

海外ドラマが大好きです。
ジャンルとしては、アメリカのラブコメ系が好き。

これまでも、色々見ました。
見たというか、はまったというか。

ビバリーヒルズ青春白書 (人生で一番はまったドラマはこれ!)
アリーmyLove
ロズウェル
SEX AND THE CITY
ER (これは、ラブコメじゃないけど)
などなど、、、。


ストーリーも好きだけど、洋服とか見るのも楽しかった。
ビバヒルは、見逃すと死ぬんじゃないか?と思うくらいはまりました(笑)

そして、今、はまってるのは、デスパレートな妻たち です。

e0177824_22514570.jpg



しかし、シーズン4は、7/29で終わってしまった。。。
今回は、アメリカで脚本家のストがあったので、エピソードが短い。(少ない)
あ~、一週間の楽しみが、、、Orz

最終回は、強力だったけど、良かったな~。
ドキドキしたり、ちょっと泣きそうになったとこも。

しかし、ラストの5年後設定、、、は、あれで、しばらくお預けとは、、。
ここら辺は、さすがアメリカ。作るのが上手い。
なんでもLOSTからヒントを得たとか。
次が待ちきれなくて、USサイトを見てしまいました!


登場人物の中では、ガブリエルが大好き。

e0177824_22454570.jpg


早く来い来いシーズン5。
[PR]
by ricakori | 2009-07-31 23:20 | TVと映画